生きることと、生命保険

生きるということを考えてみると、非常に深く考えなければならないことが沢山あることに気が付きます。本来私たちは自然と生きていると、いわゆる「惰性」になってしまいがちですが、本当はもっと考えなければならないことが沢山あって、それらは私達がいつも同じように考えていることでは無いことがあります。本来は誰もが一番に考えないようなことであっても、それを考えることで、より私達の人生が豊かになることがあります。

それは今の私達のことだけを考えるのではなく、もっと先の、いわゆる『将来』のことを考える、ということです。それには、自分はいつまで元気でいられるのだろう、いつ結婚して、いつまで仕事を続けるのだろう、老後はどうなっているだろう、というような、今は見えないビジョンに関しても、同じことが言えるかもしれません。そういった私達の将来に関しては、完全に予測することはできないとしても、いつかは来てしまうその日を、幸せに過ごすように努力することはできます。それには、やはり「今」私達が行う、人生設計というものが必要になってきます。

人生設計を考える上で、同時に考えたいのが、お金のこと、そして、生命保険のことです。もし自分が将来、大きな治療を必要とする病気になってしまったら、また、不慮の事故に遭って多額のお金がかかる治療が必要になってしまったら…今からそれらを心配する必要はありませんが、どのようなケースにも対応できるようにしておくことは大切です。